ポケットビスケッツとかいう神ユニットwww 【アラサーホイホイ】

スポンサーリンク

ポケットビスケッツとは

ポケットビスケッツはテレビ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の企画のおまけとして生まれました。

デビューは1996年。曲は「Rapturous Blue」。

メンバーは
CHIAKI(千秋)
TERU(ウッチャンナンチャンの内村光良)
UDO(キャイ~ンのウド鈴木)

おまけというのは文字通りの意味で、当時はMcKee(マッキー)という女性3人組ユニットをメインに据えていました。

その選考に落ちてしまったのが千秋でした。

千秋は元々歌手志望で、
1991年に「ゴールドラッシュ」という素人の発掘・人材育成を目的としたオーディション番組の初代チャンピオンとしてデビューを果たしました。

当時は大学生で内定も決まっており、最終選考まで両親に内緒でオーディションに参加していたとか。

内緒にしていたのは前々から芸能人になるのを反対されていたからです。
小学校の卒業文集にも「芸能人になる」と書いていたそうです。

だからMcKeeの選考に漏れたのは、
千秋にとってはめちゃくちゃ悔しかったでしょうね。

そんな千秋を知ってか知らずか、番組内でウッチャンナンチャンが千秋は他のユニットでやればいい、という展開をアドリブで作り出しました。

そこで生まれたのがポケットビスケッツでした。

ちなみにブラックビスケッツはこの時結成しておらず、誕生したのはポケビが出来てから約1年後の1997年でした。

ポケットビスケッツの魅力

やっぱり千秋の作詞と歌声、そしてそれを引き出す作曲者のパッパラー河合のプロデュース力。

以下おすすめ曲と代表曲。

Yellow Yellow Happy
ポケビで一番有名な曲でしょう。
この曲でポケビの方向性が定まったのかな、って感じの曲。
千秋のかっこよさとかわいさの両方がでる歌い方がいいな。

 

Red Angel
「紅い風が吹く街どこまでも駆けてゆけ
二人を邪魔するもの全て消して行くんだから」
なにこれすごいかっこいい。
中二心をくすぐられる。
そういう歌じゃない気がするけど。

 

Power
「南風よ伝えてよ」
ここだけ一生脳内でループしてしまう。
「南」のさいしょの「み」の入り方がかっこいい。
ここだけループしてると南風も何を伝えていいか分からない模様。

 

MY DIAMOND
やっぱり曲の出だしと千秋の歌い方がかっこいい。
もはやかっこいいしか言ってないけど、
音楽的知識がないから仕方ない。

しかしそれ以外の言葉が必要だろうか。
かわいいは正義であるならば、
かっこいいもまた正義ではないだろうか。

 

ウドが作詞とボーカルを務める曲もある。
GREEN MAN
この世の真理を歌ってる曲。
何故か感動する。
歌の上手い下手っていい曲であるかどうかとは無関係で、
心に刺さるかどうかってことなんだな。と思わせてくれる。
あと千秋のコーラス凄すぎ。

今日のまとめ

千秋、かっこいい。
曲、かっこいい。
いじめ、かっこわるい。

コメント