僕、北海道胆振東部地震で被災者デビューしてしまう【不謹慎注意】

電気があれば何でもできる、皆さん元気ですか?
2018年9月6日03:06に北海道で大きな地震がありました。
最大震度は震度階級最大の7で北海道では初めての観測となり、全道で停電が発生しました。

まあ、僕の地域は震度4で安平町や厚真町にくらべれば全然大したことのない揺れだったわけですが。
実際家もカーテンレールに乗っけていた小さいぬいぐるみ(ゲーセンで昔取った)が落ちたくらいで完全に無事でした。

本当にありがとうございました。

いや~震度4風情が被災者ヅラしてすいません。
言ってみればにわか被災者というかファッション被災者みたいな所ありますもんね。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

幸い、僕には家族以外に生存報告をする相手が皆無なので、友人や恋人、仲間へ連絡する必要もなく、と~~ってもラクチンでした!!!!1111

とはいえ、長時間の停電と断水により、疲労感と孤独感は味わえたのでいい経験(?)にはなりました。
死なない程度の環境って貴重だと思うんですよね。

光ある所に影があるというか、何気ない日常に感謝できるというか。
スイカに塩振ったら甘くなるみたいな。
そんな感じです。

つまり災害=塩

今回は被災時に取った行動や考えたことを思い出せる範囲で書き出し、記録に残そうかなと思った次第であります。
一言でまとめるなら、暇でした。

スポンサーリンク

9月5日午前2時頃 台風21号の影響で停電

5日は休日だったので深夜までLoL(PCゲーム、とても面白い)をプレイしていたら、突然真っ暗に。

真っ先に考えたことは、「ゲームの切断ペナルティ受けないか不安だ」ということでしたw
ほとんど勝ちが確定した状況だったので、僕がいなくてもなんとかなったみたいですが。

停電になったのは小学生の時以来だった気がします。
外の街灯は所々点灯していたので完全に真っ暗というわけではなく、歯を磨いたり、布団を敷いたりして寝る準備を整えました。

通電する気配がないため、おとなしく布団に入ってポジショニング(寝付けそうな格好を探す作業)をしていたら通電。

復旧まで10分~15分くらいだったと思う。

部屋が突然明るくなったせいで目が覚めたので、とりあえずPCを付けた。
ルーターやモデムが再起動を行ってるせいかネットワークに繋ぐのに数分かかり微妙なストレスを受ける。

ネットに繋げないPCの無能感は異常。

台風の情報には目もくれず、急いでLoLを起ち上げて勝敗を確認
勝利したことと、報酬を確認し、心の中でチームメイト(野良)に謝りながらクライアントを閉じた。

流石に続けてプレイをする気にはなれなかった。
幸か不幸か連敗がストップしたのもあったし、また停電したら困るし。

心配事は無くなったものの、寝付ける気もしないのでオフラインでもできるゲームを始めた。

slay the spire(スレイザスパイア PCの一人用カードゲーム とてもおもしろい)だ。
このゲームを参考にして作られたダンジョンメーカーというスマホアプリを先にプレイしていたので、「パクられすぎワロタ」みたいな感じで遊んでいたら、また停電

(スレイザスパイアはオートセーブなので停電が多い日も安心!)

「はぁー流石に寝るか」と思い、布団に入ったら15分程度で復旧。
僕、PCを付ける、そして停電へ~

3度目の停電でアホらしくなったので就寝。
昼間にもぞもぞと起きたら流石に復旧していた。
台風も過ぎ去り、お外も晴れていた。

9月5日14時頃 地震前最後のお買い物へ

今思えばこの時にきちんと買い物に行っておいてよかった。
当記事作成中の15日現在、スーパーやコンビニにの商品がほとんど在庫がなく、十分な食料を買えない状況が続いているのだから。

フルグラ3袋と牛乳(豆乳が無かったので)、納豆、卵、チーズ、ヨーグルト等を購入。
フルグラを3袋も買っていたのはセールだったから。

8月は一袋700円だったのが、9月は600円。
僕の通っているスーパーではよくこういうことをやる。
なので、9月に入ったら安売り来そうだなと予想して、8月中はなるべく買わないようにしておいたのだ。

この瞬間を待っていたんだ!と心の中で叫びながら購入しましたね。
フルグラだけ食べてても2週間くらいは保ちそうな量です。

その前に牛乳がなくなるんですけどね。
まあ牛乳かけなくてもおいしいので問題は軽微。

9月6日3時頃 地震発生、間もなくして停電

「お昼に起きたから寝れねえ・・・」と思いつつスレイザスパイアで遊んでいたら地震発生。
「でもスレスパやめられないんだけどwww」状態。
一人用ゲームで時間制限もないのでプレイを続ける理由もないんだけどね。

前日も停電していたので慣れたもの。
とりあえず寝る準備を済ませて布団にイン。
水道はこの時点だと水圧弱いけど普通に出てたので油断して何も対策せず

暗闇の中、スマホで被害を確認したら震度6強でビビる
職場のライングループでは職場じゃなくてよかったとか安平町の馬が心配とかそんな話題で盛り上がっていた。

この日は昼から出勤だったのでさっさと寝る判断をとる。
ちなみにスマホは前日の夜に充電していたので95%程はあった。

9月6日7時頃 起床 停電+断水

起きても復旧していないどころか、水が出なくて焦りだす。
一応蛇口をひねるとポタポタと水が垂れる感じで出てくるので鍋に水を貯め始める。
そのままだとピチョンピチョン音がして気になるので、水滴の落下地点にスポンジを置いて緩和。

ちなみに「蛇口」というのは水が出てくる部分のことを言うみたいで「蛇口をひねる」という表現は正確ではなく、ひねる部分の名称は「バルブ」やら「ハンドル」って言うみたいですね!
タメニナッタネ

トイレでおしっこをし、うっかりいつも通り流してしまう。
今考えるとうんこしたときだけ流せばよかった感。

おしっことかうんことか酷いブログだな・・・。

職場LINEグループを見ると交通機関も全て死んでいるらしく自宅待機とのこと。
やったぜ。

そもそも出勤しても停電していて何もできないだろうけど・・・。

9月6日9時頃 コンビニへ行こう!

コンビニの食料が尽き始めたとの情報を得て、なんとなくコンビニへ。
食料自体はあるから困ってなかったけど、「電気の付いていないコンビニとかレアだな!」みたいな野次馬根性。

外に出ると信号も停電していて、いつもと違う景色がそこにあった。
ある意味歩行者天国、運転者天国かもしれない。

そしてコンビニに吸い込まれるように入っていく人々。
溢れ出る非日常感。

薄暗い店内に15人くらいだったかな。
既に弁当、パン、おにぎり、水等はなかったが、お茶はまだ残っていたので600mlの物を2本購入して店を出た。

他の人が買い物かご一杯の買物をしているというのに、これから友達の家にでも行くのかという程度の買物量。
もしくはトイレを借りたときの申し訳程度の買物。

ちなみにモバイルバッテリーや電池類も既になかった。
必要ないかなと思っていたのと暗くてじっくりは見てないけど。

帰り道に公園に寄って、水飲み場が生きていることを確認。
この瞬間、勝利を確信
トイレは閉まってたけど。

というかコンビニのトイレ借りればよかったのでは?と今になって考える。
僕の家はマンションで、買い物したコンビニもマンションの1階部分で経営している店舗だったから、断水してるって思い込みがあったけどどうなんだろう。

マンションによっても水が出たり出なかったりしていたみたいなので、もうよくわからない。
貯水槽ってどんくらい水溜まってるんだろう。

帰る途中、地下鉄の構内に災害時用自販機(災害時に無料で食料が買える自販機)があるのを思い出して、見に行ってみようと思ったけど地下への入り口自体閉まっていて入れなかった。

無能。

9月6日12時頃 昼寝

帰ってきてお茶を冷蔵庫に入れようとしたところで、冷蔵庫が使えないことに気づく(遅い
そりゃ停電してるからね。
とりあえず飲みかけの牛乳を処分するべく、昼食。

いつも使っているドンブリにサランラップを2重に敷いて、フルグラどざー、プロテインと牛乳ドバドバー、もっさもっさ食べて終了。

食べ終えたらラップを剥がして捨てる。
これで洗い物をはスプーンだけ。
スプーン洗うのもケチってウェットティッシュで代用したけど。

布団でゴロゴロしながらだらだらスマホを弄っていたら、眠気が来たので思う存分寝る覚悟をする。

9月6日16時頃 ひとりでできるもん!

一部地域で停電が直り始めたらしいが、我が家ではスマホがネットワークに接続すらできなくなっていた。

一人暮らしでこうなると完全に孤独な世界を味わうことになる。
もう自分以外はどこか遠くに行ってしまったんじゃないかとか、こんな目にあっているのはそもそもウチだけなんじゃないかとよくわからない疑心暗鬼に陥る。

トイレの問題もある。
既にトイレタンク内の水はなくなり、おしっこが流せなくなっていた。

おしっこはまだいいけど、うんこ流せないのはやばい問題。

一人緊急脳内会議が始まった。

比較的速やかで安全お手軽にうんこする方法

1つ目、普通にトイレでして、ひとまず放置して水を調達してくる。
現実的案。
水が調達できて、長期的な停電であればこうしていただろうなと思う。

2つ目、ここからは水がない場合を想定。
サランラップを敷いてその上でしてゴミに出す。
ラップ万能説。
うんこは良いとして、おしっこの処理が問題になる。
事前におしっこだけトイレで済ませるか、ペットボトルか何かに出す二通りの選択肢がある。
おしっこだけ済ませるとかいうテクニカルなムーブを求められる。

3つ目、トイレで用を足し、トイレットペーパーを使ってうんこをポリ袋的なものに入れて捨てる。
力技。
問題点として、軟便だった場合にうんこの救出が困難になる可能性があること。
対策としては予めトイレットペーパーをトイレに敷いてから用を足す事が考えられる。

このあたりで考えるのをやめ、明るい内に行動することに。
そんなこんなで、孤独への救いとトイレ用の水を求めて大通り公園までやってきたのであった。

昼間からテレビ塔の時計が表示されていないのは新鮮だった。
大通り付近はいくつか機能している信号もあり、「なんだ電気あんじゃん」ってなった。

あと気になったのは、やたら人が多かったこと。
何かのイベントをやっている訳でもないのに、普段の数倍人が居たような気がする。

停電も一種のイベントと言われれば、なるほど確かにという感じもするけど。
みんな僕と同じように不安になって人を求めてやってきていたのかもしれない。

人がいるだけで思いのほか安心している自分がそこにいた。

大通り公園のトイレは生きているようで、2人くらい並んでいた。
中に入ると公衆トイレ独特の香りと薄暗さ、そして久々に見た和式の便器に圧倒される。

「果たして僕はうまくうんちできるのだろうか」━27歳男性

そんな、3才児かのような心境で僕は用を足した。
幸運なことにトイレットペーパーはまだ残っていた。

正直感動した。
水が流れる喜び、便意からの開放、そんな普段当たり前にできていることを、ついさっきまで真剣に考えていたのが嘘のようだった。

上機嫌で水飲み場で水を汲んでいたらちょっとした事件があった。
水を汲むのに適した容器がないので、パックのお茶を作るようの容器を持ってきていたのだけれど、密閉できない問題。

水を満タンに入れると少し傾けるだけでちょろちょろとこぼれてくる。
カバンに入れたいので八分目くらいまで減らして持ち帰ったけど、マンションの階段を上がる時に少し漏れたらしく、カバンが湿ってしまった。

改めて文字に起こして考えると、マジでどうでも良すぎてやばいが、当時は水=命と言っても過言じゃなかったから許して欲しい。

水をこぼすと命も落とす
名言っぽく言ってみましたw

9月6日18時頃 日暮れとともに寝る

帰ってくると歩き回った疲労感と、いろんなことを考えすぎた(主にトイレ)精神的疲労で疲れていた。
フルグラを軽く食べたあと、外が大分暗くなっていることに気づいた。

外が暗いということは当然家の中も暗くなっているわけで、電気も止まったままだと、できることもないので布団を敷いた。

ただ、真っ暗になる前に解決するべき問題があった。
光源がないのだ。

帰ってくる時に気づいたのだが、マンションの廊下も光源がなくて自分の家の鍵穴の位置がわからなかったのだ。

鍵穴の位置っていうか、ドアノブの位置すらわからないくらいの状態だった。

この時に、スマホはなるだけ温存したかったが、仕方なくライトとして使ってしまった。
電池残量は60%程度。
今後も考えて、スマホの電源はオフにしておいた。

別の光源がないかを考えていたら、昔使っていたUSB接続の卓上ライトが電池でも代用できることを思い出して必死に探した。

10分程度で見つけ出して、単4電池を3本挿入(意外とたくさん必要)して、いざ点灯。
来たぞ光だ!
めっちゃ明るいいいいいいいいい!

これで部屋真っ暗問題は無事解決。
まあやることないから寝るんだけど、うれじいいいいいいい!

水も電気も無いところから水源と光を確保したこの喜び。
何者にも勝る快感よ。
サバイバルゲームならクリア待ったなし!

今日はセーブして就寝!
そんな感じだった。

この日は外が真っ暗なので夜空に輝く星空が観測できたらしい。
うちは家の中から空を見られないので悲しい。

外出するのにエレベーターが使えないので面倒でわざわざ外にでることはしませんでした。

9月7日4時半頃 夜明けとともに起きる

流石に18時から熟睡はできず、1~2時間毎に起きたり寝たりを繰り返していたら外が明るくなっていた。
北海道の朝は早い。

トイレのタンクに水を3リットル入れても流すには程遠い量だった上に、昨日汲んだ水がなくなったので近所の公園へ。

人が並んでいることもなく、容易く給水に成功。
そして、マジで断水してるのうちくらいなのでは?と考えながらベンチに座った。

スマホの電源を入れると、ネットワークが生きていたのでニュースやらLINEやら2chやらツイッターで情報を仕入れていたら、おっさんに話しかけられた

「泊まるとこなかったの?」と聞かれたので「いや、マンションなんですけど水が止まっちゃって~」と説明すると、「え、うちもマンション14階だけど普通に水出てるよ」とサクッとマウントと取って去っていった。

ぐぬぬ。

9月7日6時頃 爽やかな朝

一仕事終えたところで朝食。
暗くなったら寝て、明るくなったら起きて軽作業をしてご飯を食べる。

なんとも健康的な生活である。

さらにその後はキンドルで本を読んで過ごした。
『仕事は楽しいかね』というタイトルの自己啓発系の書籍だ。
読んでる時は最高に楽しい気分になれるからおすすめしときますw

9月7日9時頃 ゲームクリア

読んでいた本が終盤に差し掛かったところで突然、トイレのタンクに水がなだれ込む音と台所の電気が付いてびっくりして軽く飛び上がる。

きたああああああああああああ!

トイレ入ってwwwwwwww
風呂入ってwwwww
洗濯機回してwwwwwww
スマホ充電wwww
PC付けてwwwwww

んーwwww
これが文明の力なんだよなあwwwwwww

エピソード

その後会社から安否確認があり、生存を報告する。
交通機関が復旧して身の回りに危険がなければ出勤という無慈悲な命令がだされ、萎え萎えマンになる。

地下鉄は昼以降に試運転をしてから運行再開とのことだった。

30分毎に地下鉄の運行状況を確認しながらも、心の中で回復しないことを祈る僕。
15時頃、地下鉄が復旧してしまい無事会社に出荷。

満員電車を覚悟をしていたけど、思いの外スカスカで肩透かしを食らう。
ついでに災害時用自販機を見に行ったが、普通に有料だった。

やはり無能。

会社についたものの、ほとんど出勤している人はいなかった。
自宅の電気が復旧していない人がスマホ充電を目当てに出勤していたみたいだった。

素直にすごいと思った(ボキャ貧

職場の仲間に会って「無事で良かったね~」的な定型会話をしていたら、なんだかんだで安心感がこみあげてきた。

その後、出勤したものの大して仕事もなく、3時間ほどうだうだして帰宅。
やっぱり我が家が一番だねっ!
暇と孤独と水不足に悩んだ2日間でした。

皆さんも災害に備えて食料、水、ライトは最低限は準備しておきましょう(申し訳程度の助言。

コメント