『ヒナまつり』第3話 感想 ホームレスに学ぶお金のありがたみ

ヒナまつり第3話 「ホームレス生活入門編」
お金もなくホームレス生活を送るアンズ。バーテンダーにさせられてしまった瞳。新田に捨てられないか不安になるヒナ。悩める乙女たちに、さらなるハプニングが巻き起こる!

脚本:大知慶一郎 絵コンテ:及川 啓 演出:カネショウ オニョン 総作画監督:神本兼利 作画監督:枡田邦彰、立田眞一、藤井 結、辻上彩華
出典:アニメ版ヒナまつり公式サイト

なんかもうOPが好きになってきた(手のひらクルッ

曲と映像のギャップが大きすぎて逆におもしろく感じてきてしまいました。

スポンサーリンク

第3話「ホームレス生活入門編」

さて、今週のヒナまつりは?

アンズ、自立する
瞳、大人の汚さを知る
ヒナ、恐怖する

の3本です!

アンズ、ホームレスとして立派に自立する

見るアニメ間違えたかな?ってくらいの謎展開。
これもう教育番組だろ・・・。

能力あるのに全く使わないアンズかわいい。
健気かわいい。

面倒を見ながら生きるヒントを与えるやっさんイケメン。
これは下心全くありませんわ。
完全に孫扱いですわ。

歌のシーンはなぜか染みる。
しかしマックスコーヒーはジュースじゃないと思う。

ゲーム機全部ファミコンって言ってるようなもんだよね。
こまけえこたぁいいんだよ!

4万渡されて断るアンズ。
成長している・・・!

1日働いてうん百円なのにいきなり受け取れんよなあ。
しかし仲間を想い、自分の意志に反してでも貰いにいく精神。

強いなあ。
良い子すぎる。

そして奪い取る詩子。
うーんこの大人。
仕方ないけどね。

瞳、大人の汚さを知る

汚い、流石詩子汚い。

一連のやりとりを録音してた瞳ちゃんすげえ!
と思ったらその上を行く詩子。

これが大人の怖いところなんですよ。

ここから詩子マジでなんもしてなくて笑う。
瞳ちゃんがカクテル作ってる時の作画がぬるぬるで笑う。

まあこれも社会経験だよね!
中学生にとっての時給1500円って3億円くらいの価値があるでしょ(適当

ヒナ、恐怖する

このままだと家を追い出されてしまうのでは、と感じたヒナ。
新田さんに媚を売り始める。

やっぱり人を動かす感情の1番は恐怖なんだよなあ・・・。

壊すなよ!絶対壊すなよ!

危ないよー壺危ないよー!
あー!せーふせーふ!

はい、壊した!

壺をあそこに並べるのも良くないと思うよ、うん・・・。

悪気はないからセーフ!
子供のやったことだからセーフ!

って事にはなりませんかねえ・・・。
新田さん?

今日のまとめ

EDの入りが神。

しかし、前半の僕は一体何を見せられているんだ感はすごかった。
普通に泣いた。

そこからの詩子。
メリハリ効きすぎてしゅごい。

余韻とかもうない感じ。

次回、第4話「勘当ロックンロールフィーバー」

『ヒナまつり』第4話 感想 これもう名作劇場だろ
まさかの前回からの続きで始まった今回。 退院って何のことかと思ったけど、そういえば冷蔵庫の奥にあった痛んだいくら食べて苦しんでましたね・・・。 ヒナ、お前入院してたんか。 物体に干渉する能力しか使えない感じなんですかね。

 


新田さんの歌うED『鮭とイクラと893と娘』発売中です。
カラオケで歌って大丈夫なアニソンだよ!(保証はしない)

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥818(2020/10/29 10:31:10時点 Amazon調べ-詳細)

現物派はこちら。
特典として出演者の座談会とコメントも聞けます。

コメント