Etheremon イーサエモン 攻略 レベルの上げ方

スポンサーリンク

イーサエモンのレベリング

イーサエモンでレベルを上げる方法は4つあります。

ジム

1つ目はジムモード。費用は0.001ETH+通信量(約50円程度)
手持ちのイーサエモンの中から1体VS用意された9体のイーサエモンの中から3体相手を選び、バトルさせます。

いわゆるCPU戦みたいなものです。
敵のレベルは1~5で選択できますが、サポーターでの能力アップはこのモードだと適用されません。

なので、確実に勝てるレベルと相手を選びましょう。
レベルを選択すると獲得予測経験値も表示されるので参考にしましょう。

この予測は3戦合計でもらえる経験値なので、1戦あたりの経験値は表示されている経験値を3で割ったものになりますので注意しましょう。

例)レベル1で相手もレベル1を選ぶと獲得予測21~63になると思います。
1戦あたりの経験値は7~21になります。

負けると7、勝つと21もらえるはずです。
得られる経験値は他のモードの70%になっています。

レベル7~8まではこのモードでレベルを上げても良いと思います。

それ以降はレベル差によって一気に獲得経験値が下がるので効率が一気に落ちます。
相手のレベルをもっと上げさせてほしいですね。

ちなみに草パンダとビボリンは選ばないようにしましょう。
何故この中に混じっているのかってレベルで強いです。

獲得経験値は多分自分と相手のレベルによってだけ変動するので、あえて選ぶメリットもありません。

バトル

2つ目はバトルモード。費用は通信量のみ(約40円程度)
デフォルトの通信量が少し高めに設定されてる模様。

このモードはアタッカー3体(必須)とサポーター3体(任意)で選びます。
アタッカー同士が計3戦して2勝したプレイヤーが勝ちとなります。

勝つと経験値とEMONTというトークンがもらえるので、当然勝てる相手を選びたいんですが、相手のレベルを3越えるとバトル出来ないので、中々そんな城は見つかりません。

相手よりレベルが低い分には自由にバトルできるのですが、その場合はレベル差がある分不利になるので勝つのは難しくなります。

逆に、城を建てれば間違いなく格下か同レベルの相手と戦えますが、
城を建てるのに0.02ETH(約800円)必要になります。

せっかく城を建てても、全敗すると丸損なので、有る程度勝てるように工夫をしないといけません。

練習

3つ目は練習モード。費用は0.005ETH+通信量(約220円程度)
現存する城を5つ選んで戦えます。

このモードはアタッカー3体(必須)とサポーター3体(任意)で選びます。
5回のバトルを1回分の通信量で行えるのでお得ですが、その分0.005ETHの費用が掛かってしまいます。

1度使ってみたのですが、高レベルの相手に突撃してももらえる経験値は変わりませんでした。(負けて15exp)

なので勝てる可能性がある城を複数選ばないとお得感は一切ありません。
そして勝てる可能性があるならバトルモードで対戦すればいいので、使いみちが限られそう。

時間短縮がまず1つ。
1度の通信で5回分戦えるのでバトルを5回繰り返すよりかなり早くなります。

あとはこのモードだと戦った相手側には経験値が入らないので、このモードで相手のレベルを上回ってから有利な状況でバトルに行くことも有効だと思います。

レンタル

4つ目はレンタル。費用は通信量のみ。
市場に預ける時と取り出す時に通信量がかかります。

自分のレンタルに出したイーサエモンが誰かに使われれば経験値が入るはずなんですけど、よく分かりません。

3日間ほどその種族での最安値で出してみましたが、一度も使われず。
イーサエモン自体が停滞してる感もありますね。

レベル上げにく過ぎるし、育てても回収が難しそうで手が出しにくいと思われてるんでしょうね。

この辺りは次のラダーモードに期待するということでまた次回。

コメント