【携帯浄水器】おいしい水が飲めるブリタの水筒がめちゃくちゃ便利

みなさんはいつも何を飲んで生活していますか?
僕は水です。

なんと言っても安いですからね。
水道から出てきちゃうからね。
お手軽感が違う。

でも「水道水ってなんとなく常飲したくない。」
そして「どうせ買うんだったらお茶やジュース買う」

という方も多いと思います。

僕もボルヴィックやらクリスタルガイザーを買って、その後水道水を入れる水筒として使っていました。

これはあまり衛生的とは言えませんよね。
ニート時代は数ヶ月同じペットボトルを水筒代わりにして常飲していましたが、素人にはおすすめできません。

ペットボトル洗わずに口つけてずっと飲んでましたからね。
今考えるとやべぇやつ。

そこで僕は考えました。

「せめて水筒を買って、飲み口だけでも洗うようにしよう。」
「どうせ買うんだったら長く使えるやつがいい。」
「水がおいしくなる水筒とかないのかな。」

で、探したらなんとありました。

おすすめのブリタ水筒

BRITA Fill&go Active
ノンアクティブな僕がこいつの魅力を語ろう

スポンサーリンク

フィルターを通して水道水がおいしくなる

普通の水筒との最大の違いはここにあると思います。
フィル&ゴーアクティブ(言いにくいので以下ブリタ)には水筒上部にフィルタを取り付けられます。

BRITA fill&go Activeのフィルター
こんなの

このフィルターが水道水に含まれる不純物をキャッチしてくれるんです。
「なんだよ、消耗品かよ、維持費かかるじゃん」
と思ったそこのあなた!

正解!

説明書にはろ過性能150リットルまで保証と書いてあります。
僕が飲むペースに当てはめると軽く半年くらいになります。

水を常飲してるとか言って毎日精々1リットル弱しか飲んでなくてすいません。

ちなみにブリタの最大容量は600ミリリットルです。
標準的なペットボトル飲料より少しおおいくらいですね。

ブリタとペットボトル大きさ比較
ボルヴィックより一回り大きいです。
7.5センチ口径、高さ23.5センチ。

肝心のフィルターの価格ですが、3枚入りで1500円程度(2018年5月現在)で購入できます。

1枚あたり約500円ですね。
ということは500円で半年もつので年間1000円程度になります。

この価格をどう見るかですが、個人的には「そこそこ安いな」って思ってます。

あくまでも僕の水の消費ペースでの概算なので、年間コストは各自で計算してみてください。

説明書には「4週間でフィルターを交換してね」みたいな事書いてますけど、僕はそんなリッチメンじゃないので半年ペースでいきたいと思ってます。

ちなみに4週間で150リットル飲むには毎日5リットルですからね。
家族で回し飲みでもしないかぎり無理だよね。

本体も特別高い訳ではありません。
僕はフィルター1枚入りで2100円で購入しました。

数ヶ月で十分元を取れる価格だと思っています。

携帯できる

水筒の性質上、気軽に外に持ち出せます。
というかそれがブリタの、ひいては水筒のメインの役割ですよね。

僕はこれ使って引きこもろうとしてるんだけど。
今はとりあえずは家と会社兼用として使ってます。

水筒だから浄水器と違って持ち運べる。
外出先、旅行先でも飲める。
なんなら空っぽにして持っていって、出先の水道水を入れれば、移動中の荷物が600g程軽くなる。

これって結構すごくないですか?

ただ注意点としては、水道水を飲むというコンセプトの問題上、どうしても常温で飲むことになります。

僕はいつも常温で飲んでるのでデメリットになりませんが。
とはいえ、冷たい飲み物は腸のはたらきを鈍らせてしまうので、おすすめしません。

保温性能もないので、家で冷やして持っていくのにも向いてません。
氷をいれておけばなんとかなりそうですが僕はやりません。

ブリタはそれだけ、水をおいしく飲む事だけに特化して作られた商品ということです。

Fill&go Activeの使い方

BRITA fill&go Active パーツ
最初に使う前に、「中性洗剤で洗え」と説明書さんが言うので、ばらしてみたところです。

全て分解するとたくさんパーツがありますが、難しいことはありません。
簡単に言えば、フィルターを固定するためのパーツとフタしかありません。

左上の輪っかはストラップです。
BRITA fill&go Active ストラップ
こんな風にひっかけるために存在しています。
それだけのために生まれてきた存在です。
不要であれば簡単に外せます。

BRITA fill&go Activeのフタ
フタをコップ代わりにすることもできます。
別にフタがなくても漏れたりすることはないので僕は使っていません。


BRITA fill&go Activeマウスピース

飲み口のアップですけどボケてますね。
これは閉じた状態です。
この状態で逆さまにしたり、振っても水漏れはなかったです。

中には、水が漏れる人もいるそうなので、個体差かもしれません。
青色だから大丈夫とかもしかしたらあるのかな?

カラーバリエーションは他に、緑、赤、紫があるので自分の好きな色を選ぶこともできます。

BRITA fill&go Activeの飲み口オープン
先端についているマウスピースを引っ張り上げると、こうなります。
さっきの画像と比べるとマウスピースが浮いているのが分かると思います。

この状態で容器を押すか、吸うと、フィルターを通して水を飲めるようになります。

傾けただけではほとんど水が出てきません。
試しに逆さまにして振ってみたら、じゃばじゃば水が出てきたので真似しないように。

BRITA fill&go Activeの容器
僕は吸って飲むのがなんとなく恥ずかしい気がして、容器を潰すようにして飲んでます。

潰して飲んだ後、容器がふくらむときに「プシュッ」って感じの音がするので気になる方もいるかもしれません。

僕は会社で使ってますがそんなに気になりません。
完全無音な環境で使うなら少し恥ずかしいかも。
それがどこかは思い浮かびませんが。

今日のまとめ

「水専用の水筒なんているか?」と思って、買うか迷ってましたが、買って正解でした。

僕は水道水を飲み続けていたので、味や匂いに慣れていました。
水道水が別に「不味い」とも思っていません。

ですが、今飲み比べてみると確かに差を感じます。
ブリタの水は水道水と比べて、味や匂いに癖がありません。

なんというか「キレイ」な感じです。

とか言って目隠しして飲んだらたぶん差が分かりませんww

それでも、「ああ今きれいな水飲んでんなー」という実感を持てるだけで、精神衛生上にも良くなりました。

普段から水を購入している人、飲み物代を安く済ませたい人、節約したい人には「BRITA Fill&go Active」を是非おすすめします。

名前に「アクティブ」が付いているものをおすすめします。
容器が透明の「フィル&ゴー」は前のモデルで、容器を潰して飲むことが出来ません。

見た目はかっこいいので、デザインを重視するのであればいいと思います。

他にも容器が透明な商品もあります。
こちらはフィルターではなく炭を使う仕様です。

実際に使ってみたレビューは【携帯浄水器】DAFI(ダフィ)ブリタよりオシャレに決めたい方へ
こちらは潰して飲めるタイプなので安心!

ブリタ、ダフィ、イオニックCシャワーの塩素除去能力を調べてみた
我が家には塩素を取り除いてくれる水筒とシャワーがあるのですが、正直半信半疑で使っていました。 塩素が減っていても目に見...

コメント

  1. miki より:

    こんにちは。
    同じ商品を持っているのですが、飲み口のマウスピースのところが外れなく、よく洗えているのかわかりません。写真だとマウスピースを外して洗われてるようですが、どうやって外しましたか?教えて頂けませんでしょうか。

  2. なべぶたなべぶた より:

    mikiさんコメントありがとうございます
    マウスピースめっちゃ硬いですよね
    素手だと指が痛くなるので外す時は割り箸使ってます
    以下参考になれば幸いです

    ・マウスピースを上に持ち上げる
    ・フタと浮いたマウスピースの隙間に挟むように割り箸を突っ込む
    ・マウスピースを自分の体に向けて割り箸の両側を握る
    ・親指でフタを押し出す