2018年 Amazonプライムのメリットまとめたら多すぎて泣きそうになった

テレビCMやネットでたびたび話題になるAmazonプライム。
検索すれば解説するサイトはたくさん出てくるんですけど、古い情報(fireHD、Kindle端末4000円引きで購入できる)をそのままにしているサイトや、Twitch Primeについて書かれていないサイトが多いので2018年7月現在の情報を自分でまとめてみることにしました。

今回は「そもそもamazonって何?」から「プライム会員になるとどんな特典があるのか?」まで自分なりに解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

Amazonとは?

日本だけでなく世界的にもトップクラスのシェアを誇るECサイトです。

Electronic Commerce(エレクトロニック・コマース)の略。電子商取引。
簡単に言うとインターネットショッピングです。

Amazonの利点といえば「見やすい、安い、早い」の3つでしょうか。

サイト自体が見やすい。
商品の画像、値段、カートに入れるボタンなどが常にページ上部にあり、わざわざ探す必要がありません。(楽天よ、聴いているか?)

商品が安い
ECサイト共通の利点ですが、家電量販店と比べて商品が安いです。
Amazonではその分ポイントが付きませんが、それを差し引いても安い事が多いです。

届くのが早い
注文した翌日に届くこともあるというくらい発送が早いです。
僕は北海道在住なので早くても3日程度掛かりますが。
それでもAmazonを利用するまで通販と言えば1~2週間はかかるものだと思っていたので、そのスピードに感動しました。

ここまでのまとめ

めちゃんこ便利なネットショッピングサイト。

Amazonプライム会員とは

そんなめちゃんこ便利なAmazonですが、次にAmazonプライム会員の説明をします。

プライム(PRIME)には、最も、最高の、という意味があるので、Amazonプライム会員=「Amazonを最大限に活用できちまう奴ら」って感じでしょうか。

「プライム」だけで検索しても一番上にAmazonが出てくるあたりAmazonの強大なパワーを感じる・・・。

プライム会員になるには月額400円or年間3900円(月額325円)の費用が掛かります。

もちろん、プライム会員でなくてもAmazonで買い物をすることはできますが、プライム会員になることによってAmazonがただの「通販サイト」から「生活の一部」に進化します。

ここでは、簡単にプライム会員のメリットの例を挙げてみます。

Prime Delivery(プライムデリバリー)お急ぎ便、お届け日時指定便、無料で使い放題
Prime Now(プライムナウ)専用アプリから最速1時間で配達
Prime Video(プライムビデオ)映画・ドラマ・アニメが見放題
Prime Music(プライムミュージック)100万曲以上が無料で聴き放題
Prime Reading(プライムリーディング)本・マンガ・雑誌、和洋書あわせて数百冊が読み放題
Kindleオーナーライブラリー 数万タイトルの書籍から1ヶ月1冊レンタル可能
Twitch Prime(ツイッチプライム)毎月PCゲームが無料で楽しめる
Amazonファミリー おむつとおしりふきが定期おトク便でいつでも15%OFF
Amazonパントリー スーパーに行く感覚で箱一つに必要な分だけお買い物
Prime Photos(プライム・フォト)無制限のフォトストレージが利用可能に
プライム会員限定商品・セール 会員限定商品やお得なセールに参加可能に
Amazon Mastercard 最大2.5%還元のクレジットカード
Alexaで音声ショッピング Amazon Echoシリーズで、プライム対象商品を注文可能
Prime Student(プライムスチューデント)学生ならさらにお得に利用可能

このように羅列しただけでも一苦労のプライム特典ですが、一つずつ紹介していきます。

Prime Delivery(プライムデリバリー)

まずは代表的な特典である配送料から。
がっつりまとめるとプライム会員は配送料がタダになります。

どの程度お得になるのか以下で説明しますが、全てAmazon.co.jpが発送する場合+一部地域(沖縄および離島)で利用できない場合がありますので注意してください。

通常配送の配送料が無料

注文金額/お届け先本州・四国(離島を除く)北海道・九州・沖縄・離島プライム会員
2,000円以上の注文無料無料無料
2,000円未満の注文400円440円無料

一時期は配送料無料キャンペーンが行われていたのですが、現在ではプライム会員の特典の一部になりました。

あと100円で配送料が無料になるから」と言って無駄な買い物をした経験はありませんか?
プライム会員であれば、配送料無料にするための商品探しの時間や、余分にお金を払う必要はありません。

必要な分だけ必要な時に買えるようになりますよ。

お急ぎ便、当日お急ぎ便、お届け日時指定便の配送料が無料

注文金額/お届け先本州・四国(離島を除く)北海道・九州プライム会員
お急ぎ便(日時指定便)500円540円無料
当日お急ぎ便(日時指定便)600円640円無料
発売日/発売日前日お届け360円360円無料

表見てて思ったんですけど、本来500円やら600円掛かるお急ぎ便やお届け日時指定便が無料で使い放題ってすごくないですか?

「年に数回しかAmazon利用しないよ」という方でも、使う時にだけ月額プランでプライム会員になれば数百円浮いちゃいます。

月額400円なので「発売日/発売日前日お届け」だけを利用する場合は40円損してしまいますけどね。
配送料以外にもプライム特典はてんこもりなので損ってこともないとは思いますが。

「ネット通販は安いけど仕事で家にいなくてなかなか受け取れない」「再配達申し込みがめんどくさすぎて死にそう」こんな経験がある方には「お届け日時指定便」がおすすめです。

休日の確実に家に居られる時間帯を指定して配達してもらいましょう。
「そもそも決まった休日がない」という方は・・・もうやめようそんな仕事は。

休日はないけど仕事もやめらんねえ方には、プライム会員とは無関係になりますが、コンビニ受け取りを利用しましょう。

自分のタイミングで商品を受け取れます。

最後にお急ぎ便の種類について説明します。

お急ぎ便」と「当日お急ぎ便」は自分で選択できるわけではなく、注文する場所、時間、商品などの条件によって変わってきます。

「大型家電を今日中に届けて欲しい!」とか「晩御飯を食べた後に歯磨き粉が切れてたから欲しい!」という事態になっても当日お急ぎ便は使えません。

発売日/発売日前日お届け」は主にCD、DVD、ブルーレイ等が対象みたいです。
僕はいわゆる円盤を買う事自体めったに無いので利用したことはありません。

Prime Now(プライムナウ)

専用アプリからの注文で最速1時間以内に配達されちゃうやばいサービス
ただし、条件がいくつかあるようです。

・プライム会員専用(無料体験中でも利用可)
・現在は東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県が対象エリア
・合計金額2,500円から注文可能
・「1時間以内配送」指定配送の場合手数料890円、「2時間便」であれば手数料無料

僕の地域はそもそも使えないのでなんとも言えませんが、これもうちょっとした「出前」ですよね。
「急に家に人が集まることになったからAmazonで出前とろう!」的な。

もちろん僕はそんな状態になったことはありませんが。

または、「一人暮らしで体調悪くて動けないから、とりあえず食べ物と薬届けてもらおう。」
こっちの方が現実味ありますね。

卵や冷凍食品、冷えた飲み物、家電まで幅広く取り扱っているみたいなので対象エリアの方は是非。
「プライムナウで宴会してみた」「プライムナウで引きこもってみた」とかやってみたい。

Prime Video(プライムビデオ)

ECサイトのプライム会員になったと思ったら動画配信を楽しんでいたでござるの巻。

映画、ドラマ、アニメが無料で見放題になるサービスです。
動画配信専門サイトと比べると配信タイトル数は控えめですが、プライム・ビデオは数あるプライム会員特典のひとつでしかないので仕方ない。

今現在のラインナップとしておすすめなのは「ゲーム・オブ・スローンズ」「孤独のグルメ」「シュタインズ・ゲートゼロ」などなど・・・

楽しむコツとしては、見たいと思った時に見ることでしょうか。
更新が頻繁にあるのはいいんですが、作品の入れ替わりも多いので、「見ようと思っていたタイトルがいつのまにか消えている」という事態になることも。

スマホやタブレットにダウンロードしておいて、外出先や仕事休憩中に楽しんだり、「Fire TV Stick 」を使ってテレビの大画面でゆっくり寛ぎながら視聴することもできますよ。

Prime Original(プライムオリジナル)

他のサイトでは楽しめないAmazonオリジナルの映像作品です。
プライム会員なら追加料金なしで楽しめます。

以下代表的なタイトル
・リアル婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」(なおジャンルはコメディ)
・密室笑わせ合いサバイバル「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」(笑ってはいけないシリーズの亜種)
・クレヨンしんちゃん外伝(声優が変わる前のショートアニメ版)

なんか全体的に下世話な感じするのをチョイスしてしまいましたが、「内村さまぁ~ずsecond」や「日本をゆっくり走ってみたよ ~あの娘のために日本一周~」といったゆる~い番組もあり、色んなジャンルが揃ってますよ。

個人的には「内村プロデュース」大好き世代なので「内村さまぁ~ずsecond」がおすすめです。
もうみんな50代ということに驚くとともに、時の流れを感じますなあ・・・。
落ち着いて見られるのがいいよね。

Amazon Prime Videoチャンネル

2018年6月に開始した新しいサービスです。
プライム・ビデオ単体では「広く、浅く」という感じでしたが、専門チャンネルが開設され、「広く、深く」が実現可能になりました。

将棋、囲碁、スポーツ、釣り、ニュース、時代劇、ナショジオ、dアニメなど各チャンネル14日間の無料体験期間のあとに、チャンネル毎に定められた月額を払って見放題、という流れ。

プライム・ビデオだけじゃ満足できない体になった人におすすめです。
(ナショジオめっちゃ見たい)

Prime Music(プライムミュージック)

プライム会員になると100万曲以上が無料で聴き放題!
最初、「100万曲ってやばくね?フリーザ様の戦闘力で53万だよ?」と思ったけど、実は邦楽はあまり数がありません。

ちなみにフリーザ様の第二形態が戦闘力100万以上らしいです。

プライムミュージックもプライム・ビデオと同じくプライム会員特典のひとつなので、当然専門サイトには及びません。

ですが、追加で780円or年間7800円払うとAmazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)を利用できるようになり、楽曲数4000万以上になります。

これは他の音楽聴き放題のサービスと比べても謙遜無い、というか普通にトップクラスの安さと楽曲数になります。

4000万以上とかもう想像できませんわ。
界王拳10倍状態の悟空よりもうちょっとすごい感じです。
例えが例えになってないくらいすごい。

ここではプライムミュージック(追加料金なしの方)で「お、いいね」と思った点を2つ挙げます。

1.プレイリストの共有

これがあったおかげで初めて使う時にどんな曲があるか調べなくても済んだし、大体はジャンル毎に作られているので、その時の気分で聞きたい曲を聞けます。

「勉強がはかどるクラシック」とか「アニソン集めてみた」みたいなプレイリストがあるのでそれを聞きながら作業すると捗ります。

他人の作ったプレイリストなので、自分の知らない曲も流れますが「こんないい曲あったのか!」みたいな発見があっておもしろいです。

もちろん気に入らなければ飛ばすことも出来ます。

2.ラジオ機能

聞きたいジャンルを選ぶとプライムミュージックで聞ける曲の中からランダムで流し続けてくれます。

ラジオと言いつつ次の曲に飛ばしたり、一時停止できるのでうまく言い表すのが難しいですが。
プレイリスト共有機能を大雑把にした感じですかね。

おすすめジャンルは「人気の邦楽洋楽」(めっちゃアバウトwww)

一時期クラシックを流し続けてくれるサイトを探していたんですが、広告が流れたり、途中で止まったりで中々困っていたんですが、これで解消しました。

サンキューAmazon

最後に。
アマゾンミュージックアプリにダウンロードしてオフライン環境で聞くことも出来ます。
プライムミュージックだけだと曲数が多くないので微妙ですが、アンリミテッドならあるいは。
PCへのダウンロードはできないので注意。

Prime Reading(プライムリーディング)

本・マンガ・雑誌、和洋書あわせて数百冊が読み放題!
なのですが、ビジネス書と自己啓発系の本が多いので、小説やマンガ目当てでプライム会員になるのはやめておいた方が良いです。

僕は自己啓発書を読んで満足するタイプなので楽しんでますが。
読みやすいのは「まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?」「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 」あたりでしょうか。

マンガはあくまでも試し読みという感じでしょうか。
例えば、カイジでお馴染みの福本伸行先生の「アカギ」やカイジの「ワンポーカー編」の序盤が読めます。

雑誌は種類は少ないですが、毎月更新されている物もあるのでいいかもしれません。
「オレンジページ」「yom yom」「Hanako(はなこ)」「Oggi(オッジ)」「特選街」など。

プライムリーディングはKindle(キンドル、Amazonの電子書籍リーダー)だけでなく、スマホ、タブレット、PCでも利用可能になっています。

プライム・ビデオと同じく、読める本の入れ替わりがあるので、読みたい時に読む、またはとりあえずダウンロードだけでもしておくのがいいですね。

Kindleオーナーライブラリー

プライム会員で、KindleかFireHD(どちらもAmazonが販売しているタブレット)を持っている人限定で後述のKindle Unlimited対象本の中から毎月1冊無料でレンタルできます。

文字通り電子図書館感覚ですね。

端末を買う必要はありますが、買ってしまえばあとは毎月無料で本が1冊読めるので非常にお得です。
僕は「使わなくなっても端末を売れば元を取るのは簡単かな」と考えて利用してます。

KindleとFireHDの違いについて触れておきます。

Kindleは電子書籍を読むためだけ(メールやアプリの使用不可)の端末です。
画像はKindle Paperwhite

Kindle端末
特殊な画面とインクを使っているので実際の本のように読みやすいのが特徴。
そのかわりカラー表示不可、モノクロ表示(黒の濃淡)のみ。
雑誌もモノクロなので非推奨。
画像が多いと微妙にもたつくのでマンガは少し読みにくい。
サイズは片手で持ちやすいB6程度(少年、少女コミックスくらい)

FireHDはAmazonのサービスに特化したタブレットです。
性能の割に価格が非常に安いのが特徴。
カラーで動画、雑誌、音楽を楽しめます。
OSが特殊でiosアプリやAndroidアプリが使えない。

Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)

月額980円のプライムリーディングの進化形態です。
和洋書あわせて数百冊→和書12万冊以上、洋書120万冊以上!

すごいけど洋書読めない!
まず英語勉強しないと!ってなった。

プライム会員であれば30日の無料体験ができる権利が与えられるので、「読書家になろうかな」って方はお試しあれ。

Twitch Prime(ツイッチプライム)

ゲーム配信サイトのTwitchとの連携で毎月PCゲームが無料で楽しめる。
分かる人向けに言うとPSプラス的な感じです。

期間限定でPCゲームがフリープレイできます。
ダウンロードしておけば期間が終了しても引き続きプレイ可能。

海外のマイナーゲームが多いですが、過去にデビルメイクライが配信されたこともあります。
2018年7月現在、アクションゲームの名作メタルスラッグ3が配信されていたので早速ダウンロードしました。

steamとも連携できたら最高だったんですが、無料なので文句は言えませんね。
フォートナイト等の無料対戦ゲームのアクセサリーも配付されているので興味ある方は是非。

【Amazonプライム特典】Twitchプライムで毎月無料でゲームをダウンロードする方法に実際に利用するまでの流れをまとめました。

【Amazonプライム特典】Twitchプライムで毎月無料でゲームをダウンロードする方法
Amazonプライム会員ならTwitchでPCゲームがもらえるって知ってました? Amazonプライム会員って何だよ?...

Amazonファミリー

赤ちゃんのいるご家庭、子育てママ(パパ)への救いの手。
プライム会員ならおむつ・おしりふきがいつでも定期おトク便で15%OFF

おむつって買う時にそれだけで片手がふさがって大変だったりしませんか?
消耗品なので何度も買いに行くことになるし、かと言ってまとめて買うのも難しい。

利用条件はプライム会員であることとお子様の生年月日(出産予定日)と性別の登録だけ。
登録した情報を元に、年齢に合ったお得なセールやクーポンが受け取れます。

「ずっと使い続けられる商品か分からない」という場合は初回の配達だけでのキャンセルもOKなので安心ですよ。

おむつ以外にベビーフードやベビーローションも定期おトク便に設定すればさらに節約に。

2018年7月現在おむつに使える2000円クーポンや「くらべるおむつBox」キャンペーンが行われています。

これだけで年会費3900円の半分以上の元が取れる上に15%OFFも合わせて考えると得しかないのでは・・・?

という感じですが、詳細は一人暮らしフリーターマンの僕に分かるはずもなく。
僕に使う日が来るのだろうか・・・。

Amazonパントリー

スーパーに行く感覚で箱一つに必要な分だけお買い物
「あのカップラーメン、テレビやネットで見て気になってるけど近所に売ってない」ってことたまにありませんか?
カップラーメンの部分はお菓子でも日用品でもなんでも良いんですが。

そして「ネットに売ってるけど12個入りとか多すぎる・・・」という時に使えるのがAmazonパントリー。

対象商品をダンボール一箱に詰めて送ってくれるので受け取りもラクチンで日時指定もできます。

ただ、ひと箱あたり390円の取扱手数料がかかります。
元々プライム会員限定のサービスなので、390円が無料になったりもしません。

「じゃあ何が得なんだよ」って感じですが、まとめ買いで300円引きになったり、50%オフクーポンがあるので、普通にAmazonを使うよりも安くなることもあります。

もう一つおもしろいのがAmazonが提案するテーマBOX。
何を買ったらいいか分からないという人のためにテーマごとに商品を選択してくれてそのまま買うことも出来ます。

例えばパスタセット非常食セットがあります。

正直あんまり使ってる人はいなさそうではある。
スーパー行く感覚って言ったけど生鮮食品ないし。
どちらかと言うとドラッグストアに近いよね。

使うとしたら米、ティッシュペーパー、トイレットペーパーあたりの買うの面倒くさい三銃士+お買い得商品の組み合わせとかになるんですかね。

Amazon Fresh(アマゾンフレッシュ)


スーパーに行く感覚で必要な分だけお買い物(二度目
Amazonナウ、Amazonパントリーと合わせて活用したいのがこのAmazonフレッシュ。

卵、野菜、果物、肉、魚とわりとなんでもありで最速4時間で配達してくれます。
もちろん日用品も注文可能。

お察しの通り無条件ではありませんが。
・プライム会員+月額500で利用可能。
・対象エリアは現在、東京都・神奈川県・千葉県

うーん、狭い!プライムナウより狭いです。
使ってみたいけどせめて南は沖縄から、北は北海道まで対象エリアにしてくれないと。

Prime Photos(プライム・フォト)

無制限のフォトストレージが利用可能になります。
スマホやタブレットで撮った写真をAmazonに保存してPCと共有したり、スマホの容量節約に繋けたりできます。

それ以上でもそれ以下でもない感じです。
同じようなサービスとしてGoogleフォトがあるので、僕はそちらを使用していますし、プライム会員になったからと言ってわざわざプライム・フォトを使わなくてもいいかなと。

写真をスマホとPC間で共有するのは便利なので、使ったことがない方にはおすすめですが。

プライム会員限定商品・セール

Amazonでは毎日のように小さなセールが行われていて、プライム会員であればポイントや価格面で有利になりますが、それとは別に、年に数回大型のタイムセールが実施されます。

代表的なのは7月のプライムデーセールと12月に開かれるサイバーマンデーセール。

2018年のプライムデーでは最大10%のポイント還元で、プライム会員限定の商品や先行販売商品が販売されます。
こちらはその名の通りプライム会員限定のセール。

サイバーマンデーセール等の誰でも参加できるセールのときには、競争率の高い「数量限定タイムセール」にプライム会員は通常会員より30分早く参加できるので、人気商品(Nintendo SwitchやPC・スマホ周辺機器など)が買いたい場合はプライム会員必須になります。

大型セールのタイミングで無料体験なり月額プランでプライム特典をしゃぶるのが賢い使い方かもしれませんね。

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)

Amazon.co.jp: Amazon Mastercard: ファイナンス
ファイナンス の優れたセレクションからオンラインショッピング。

最大2.5%還元のクレジットカード。

AmazonマスターカードクラシックとAmazonマスターカードゴールドの2種類があります。
それぞれの特徴は以下の通り。

Amazonマスターカードクラシック
・Amazonを利用した場合のAmazonポイント還元率2%(非プライム会員なら1.5%)
・Amazon以外の利用で1%
・初年度年会費無料(2年目以降1350円、前年度1回以上の利用で翌年度無料)

Amazonマスターカードゴールド
・Amazonを利用した場合のAmazonポイント還元率2.5%
・Amazon以外の利用で1%
・年会費10800円(利用状況により2年目以降から実質4320円
・無料でプライム会員特典利用可能

僕は欲しいんですけど、審査が厳し目らしいのでちょっと迷っています。
あと、今現在楽天カードを使っていてクレジットカードを複数管理するのが面倒そうなのもあります。

最初は分からなかったんですが、Amazonでも楽天カードで決済できてポイントも1%つくので、それで満足してる感もあります。

Amazonマスターカードクラシックを発行しただけで2000AmazonポイントがもらえるのでAmazonを使いこなしたい方にはおすすめです。

見た目もダンボールっぽくて好きです。

Amazonチャージ(Amazonギフト券チャージタイプ)

クレジットカードで支払わなくてもAmazonギフト券を使えば、かなりお得に買物できちゃいます。現金でギフト券にチャージするたびにポイントが付与されるシステムです。

アマゾンギフト券チャージ早見表
Amazonギフト券詳細ページより引用

いくつか条件があるので要点をまとめます
・1回の注文で5000円以上のチャージをする
・コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払う(クレジットカードと電子マネーはNG)
・ポイントの付与は翌月中旬ころ(チャージした金額分はすぐに使える)
・ポイントの有効期限は10年間

他、細かいルールについてはAmazonギフト券チャージタイプ購入ページから確認してからのご購入をお願いします。

セール前にチャージしておくと無駄なく使えるのでおすすめです。

Alexaで音声ショッピング

CMで見たことありませんか?「アレクサ、キッチンペーパー注文して」みたいな。
このサービスもプライム会員特典のひとつなんです。

他にも天気を聞いたり、家電のリモコンの代わりになってくれたり、ダジャレを言ってくれたりします。
このあたりは非プライム会員でも遊べますが。

近未来が来た感じでワクワクしませんか?
なによりぼっちの僕にもやさしく会話してくれそうだし。

Prime Student(プライムスチューデント)


「学生だしお金ないから年間3900円は無理」という方にはPrime Studentがあります。
学生限定で月額200円or年間1900円(ひと月あたり158円)プランが利用できます。

月200円とかもう小学生のお小遣いレベルですよ。
この価格で今まで挙げてきたプライム特典がほぼ全て利用可能。
通常30日間のお試し期間ですが、学生の方は無料期間が6ヶ月間ありますww

クレジットカードが無くても携帯決済に対応しています。

あと10年遅く生まれたかったですマジで。
月200円だったら損する方が難しい。
小学生のおこずかいレベルだもんなあ。

今日のまとめ

年間3900円でこれだけのサービスを提供するAmazonは狂ってる(コレ、褒め言葉ね

2018 超個人的におすすめのamazon便利グッズ30選くらい
一人暮らしフリーターが考えた買ってよかった物リストです。 amazonタイムセール中はプライム会員だと限定商品やポイン...

コメント